自己肯定感を高めるSTEP3

STEP3 今ここに生きる

 

前回STEP2までで、労うこと、ありのままの自分を

受け入れることをお伝えしてきましたが、

STEP1とSTEP2では、

実は「心の囚われ」を手放すことをやっていたんです。

 

 

私たちは、過去の失敗や苦い経験・将来の不安・

賢首の不満に囚われがちで、そういう時は、

「今ここに生きていない」んですね。

 

 

自分の時間軸が過去や未来にぶれているということです。

この囚われを手放すことができると、

冷静に現状を見ることができたり、

心にやる気やモチベーションが湧いてきたりします。

 

 

こうしてポジティブな土台ができたところで、

「今ここに集中してやるべきことを行う」というものです。

この状態で、今やるべきことに本当に集中すれば、

不安も無くなりますし、一歩前進することができます。

 

例えば、今日は仕事でミスをして上司から怒られたとします。

でも、もう過去のことですよね。

怒られた1秒後からもう過去の事なんです。

 

 

でも、時間軸が過去にブレてしまうと・・・

「なんて私はダメなの」とか「

どうしてあんなこともできないのかしら」

「私は無能だわ」と自分を責めたり、

 

 

或いは、「あんな言い方して起こることないじゃない」とか

「あそこまで言うなんて言い過ぎよ」とか

怒りの感情を上司に向けたところで何の解決にもならないどころか、

エネルギーを浪費してしまうわけです。

 

 

さて、では時間軸が未来にブレるとどうなるでしょう。

 

「明日会社に行って上司と顔を会わせたくないな」とか

「上司はどんな態度で接してくるのかしら・・」などと

まだ起きてもいない未来に対する不安で悩むこともまた、

今という瞬間に貴重なエネルギーを浪費していることになります。

 

 

STEP1~3をあわせると、

上司に怒られたけど、よく頑張ったわね。

大変だったわね、お疲れ様。

今日は怒られてしまったけど仕方がないわ。

でも、次は上手くいくように改善策を

見出してもっと頑張ればいいのよ。

私が今やるべきことは何かしら・・・?

と、このように考えて行動していけば良いのです。

 

 

貴女が貴女の味方になって励ましの声を掛けたり

労ったりするのを忘れないでくださいね。

 

仕事以外でも何か上手くいかない自分を責めそうになったら、

直ぐこのSTEPを思い出してやってみてくださいね。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP