私の形而上学入門体験

形而上学入門で私の本当の人生が始まりました。

私がそれを受けたのは2020年の8月です。

先ず、アデプトプログラム後の経過をお話しする前に、私の家族について少しお話ししたいと思います。

私には姉がいて、長年、精神の病を患っており薬を飲んでは寝ての繰り返しで、働くことも滅多に外出することも出来ません。

そんな姉の子供は適応障害を抱えています。

母も幼少期から体が弱く、私は家計を支える為に好きではない仕事をずっとして働いてきました。

アデプト、を受けて2ヶ月程経った頃でしょうか

姉の主治医から「回復に向かっているから薬を減らしましょう。」と言われたのです!

今では家事や買い物に出掛けられるようになり、働けるようになるまで後一歩というところまで来ています。

又、姪っ子の様子も家族から見て分かる程に安定し、良くなりました。

そして、母は日頃から疲れと体の痛みを訴えることが多く、父に対しても不満があり文句を言わない日は無いほどで、それに加え、姉の病気のことで気を使い、ストレスで一杯な為、私の話も右から左で話を聞く気力など全く無い状態でした。

しかし、そんな母が変わってきたのです!

元々若い頃は洋裁が趣味だったようで、古いミシンを売って新しいミシンを買い、マスク作りを楽しんだり、ケーキを作ったり、やりたいことをする気力が出て来ました。

笑うことが増えたのが何より嬉しかったです。

こんな風に私の家族は変わっていきました。

さて、肝心な私は?と言うと。

先ずは、メンタルが大きく変化しました。

以前はいつも先のことを考えると不安が一杯。ただ、生存する為に生きている状態です。

ですので、気持ちに余裕はなく、いつもどこか緊張して身体に力が入っていて、それが当たり前になっているので、普段は自分では気が付かないという始末。

何だか、サイドブレーキを引きながら無理矢理アクセルを踏んでいるような状態だったように思います。

そんなネガティブで一杯のメンタルでは、当然引き寄せることもトラブルや上手くいかないことも多く、「負けてたまるか!」といつも自分自身を奮い立たせるように心の中で言っていました。

今思うと常に何かと戦っているような感じでしたね。(苦笑)

人からは明るくパワフルに見られることが多かったですが、いつも意識してポジティヴに考えるようにしていたので、人から気が付かれなかったというだけです。(汗)

以前の仕事を離れたのも大きかったですが、そんな私が形而上学入門を受けて気持ちに穏やかさが生まれました。

安心感や安らぎ、こんな気持ちになることなんて成人して以来記憶にないので、本当に肩や胸も軽く、夜眠る前も心が軽い!といった感じでしょうか。

子供の頃に戻って何かに守られているような安心感の中で眠りにつくことができるようになりました。

それが、幸せで有り難くって、今度は「あぁ、本当に有り難いなぁ。」って心から感謝の気持ちが湧く日々が増えていきました。

そして、家族全体が良くなって来たことで、今迄一人で背負って来た経済的な問題も解決されつつあり、これから先は本当にやりたい仕事をして生きていこうとする人生が始まりました。

決意したら、人間関係も変わり教えてもらったリチュアルというものを日々実践していたら、必要な人達が集まって来ました。

今はかつて無い程に人生がスムーズに動き出したと言う感じです。

正に形而上学入門で言ってることが、私の身に起こったのです!

これは、本物だと思いました。

ニューエイジのフワフワしたスピリチュアルでは、絶対に起こり得ないことです。

形而上学入門を学び、目に見えない世界を整えていくと現実が変わるんだ!とハッキリ身を持って確信した瞬間でした。

これが人生にミラクルを起こすということなのか!と思いワクワクしてきました。

これから私が、多くの方が自分の人生を歩んで行けるスイッチを押すお手伝いをしていきたいと思い、日々学びと活動をしております。

貴女は本当の自分の人生を歩んでいますか?

YESと言えなかった人や私もYESと言いたい!という人は是非会いにいらしてくださいね。

本当の私って?本当の人生って何?って思った人。それらを知りたいと思った人はティファレットラブマスター講座で全てが分かります。

関連記事

PAGE TOP